2022年最後の全国模試(全統共通プレテスト)

11月27日()。

 

予備校生の模試が実施された。

 

2022年全統共通プレテストだ。

 

この模試で年内の実施予定だった模試はすべて終わる。

 

そして、残すは本番の「大学入試共通テスト」だ。

 

来年1月14~15日に実施される。

 

明日から1週間程度時間をかけて今回の模試を精査する。

 

河合塾予備校がどういう戦略をもって受験指導をしているかは、

 

年間の模試を研究することでわかる。

 

同様に、

 

ベネッセや駿台予備校も模試の中身を精査することで、

 

それぞれの戦略的な狙いが透けて見えてくる。

 

昨年の共通テスト本番は、

 

あまりにも難しすぎて、

 

高校、塾、予備校…。

 

全体的にはどこも完敗だったのではないか?

 

 

 

しかし、今年実施のこれまでの模試のおかげで、

 

当予備校の生徒たちの個人的な分析も、

 

ほとんど上手くできた。

 

後は今回の模試の内容と照らし合わせれば、

 

本番対策としては十分なデータが取れそうだ。

 

残すは各生徒に実施する予定の学力別の最終的な仕上げ。

 

 

昨年ガツンとやられた共通テストに、

 

今年は倍返しで雪辱をしたい。