塾長の考え(天皇誕生日)

「先生、今までありがとうございました」

「うん、それでは次回また会うときは…」

「はい、合格発表日の後にあいさつに来ます!」

「よし、後は●●をするように」

「わかりました! さようなら」

 

今日は2月22日(水)。

明日は23日(木)で天皇誕生日で祝日

北斗塾は祝日は休塾日

営業はもちろんしない、絶対にしない!

大学入試の2次試験は25日()と26日()。

 

そういうことで平日である今日22日(水)が、

事実上の最終指導日。

明日は試験会場にほとんどの生徒が旅立つ。

 

もちろん24日(金)の朝に移動して、

その日のうちに試験会場を下見して、

次の日(25日)の試験に備えるという生徒もいる。

 

ずいぶん前から、

2月23日(木)は祝日で休塾日だからね。

そう皆に伝えておいた。

 

23日(木)の祝日の私の予定(空想)は…、

午前中は爆睡、正午前に起床。

昼ご飯は魚料理のおいしい店に行き、

ご飯は2杯を必ず食べる。

 

それから遠方(車で2時間程度)に、

温泉を目標に車を快適に走らせる。

主に高速道路だが、好きな音楽をかけながら!

 

お目当ての温泉に入りゆっくりする私。

風呂上りには健康に良さそうなフルーツジュースを、

グビグビ飲んでいい気分になる。

 

帰宅する前には行きつけの整体医院に寄り、

年明けからずっと続いた激闘のため、

ダメージのあるわが身体に癒しの時間を提供する。

 

最後にイオンショッピングモールに行き、

「いきなりステーキ」または「寿司まどか」で夕食。

それプラス、面白そうな映画を鑑賞して帰宅する…。

何とすばらしい1日だろうか!!(笑)

 

ココで空想は終了。

 

実際(現実)はというと…、

①前日に▲▲大学を受験予定のCくんがK先生に懇願。

②K先生が私(塾長)に「お伺い」という形で打診。

③「(明日の)休塾は決定事項ですよ!」と返事。

④「わかりました…」とK先生から返事。

⑤しばしの間、気まずい時間が経過。

⑥結局、塾を臨時的に開けることを決定。

⑦他の受験生にも声掛けをして数人が集まることに。

 

このように、

事前にハッキリと「休塾日だよっ!」と伝えていても、

どうしても勉強をしたい生徒の懇願により、

あっさり事前通告がくつがえされるということが、

今年フツーに行われた…という話。