塾長の考え(全統記述模試)前編

今日は第2回全統記述模試の実施日。

 

この模試の内容を詳細に分析して、

今後の2次試験対策への第1歩とする。

 

7月にも進研記述模試があったが、

この模試での内容と比較することも重要。

 

基本的には前回の模試でできていなかった、

いろいろな単元の問題が、

今回はどうなっているのかを検証する。

 

これは手間がかかる作業だが有益。

しかし、

生徒本人に任せていたら…まずしない。

 

だから、

こちらがやることになるわけだ。

 

今回の記述模試は私が全部監督をした。

たぶん10年以上していなかったので、

すごく久しぶりで懐かしい気持ちになった。

 

なぜ今回は監督をしたのか?

 

単純に他の講師のスケジュールが合わなかった。

ただそれだけのことだったのだが、

おかげで新たなアイデアがわいてきた。

 

それはあるツールの作成なのだが、

これが自画自賛になる。

 

「よくぞ思いついたな」

 

と自分をほめてあげたくなるくらいの、

いいアイデアだと思っている。

 

これを使って予備校生や高3生を指導したい。

 

今日の夜中から明日の朝にかけて作成する。

これで明日の午前中の予定は…、

「爆睡」になりそうだ。

 

ところでこの模擬試験のことで、

ふと懐かしいことを思い出した。

 

それはある親御さん(母)のことだ。

当時の予備校生の親御さんであり、

この方は非常に熱心な方だった。

 

毎月のように私との面談を希望されて、

面談の平均時間も4時間はあったと思う。

 

最高で6時間だったときもあった。

このときは面談開始が午前11時だった。

(「夕食の準備が!」と言って終了だった)

 

このときの会話の一部が次のようなものだった。

 

「塾長、ご存知でしたか?」

「何をですか?」

「福岡の●●予備校に通っている息子の友達が」

「その友達がどうかしたのですか?」

「先月(8月)の模擬試験でいい結果が出たと」

「あ、そうなんですか」

『夏期講習の成果が出た!』と喜んでいたと」

「そうなんですか」

「息子が『いいなぁ』と言っておりました」

「へぇ、▲▲くんが…」

「大丈夫ですか、こちらのほうは??」

「ん、と言いますと?」

「やはり大手の予備校の方が良かったのではと」

「え、本人が言っているのですか?」

「いえ、主人が言いだして困っているんです…」

「そうなんですか」

「で、塾長の感想は?」

「え、その友だちの結果についてですか?」

「もちろんそうですよ」

「まあ、良かったのではないでしょうか」

「え、それだけ…ですか?」

「はい…それ以外に何か?」

「危機感はどうなんですか?」

「危機感? 何に対してですか?」

「やはり大手予備校の方が結果を出せる力があるとか」

「…」

「うちの子はその友だちに『負けた!』と」

「え、そんなこと言っているんですか?」

「そうです、せっかく宮崎に残って頑張っているのに」

「ふ~ん、そうなんですか…」

「大手予備校ってやっぱりすごいんですねっ!」

 

 

(続く)